ルミ子さん

小柳ルミ子さんってば、いつまでもお綺麗で、憧れます。
彼女はかつて、若い男性と結婚してましたが、離婚。
そのさいに、1億円払うか、芸能界から一生遠のくか、の選択を相手に求めました。
相手の浮気が原因だったから。

1億円をはらうことを選んだんじゃなかったかな。

そのお相手と歯、、、大隅健也さん(字は違うかも?)。
彼は今どこで何をしてるのか知らないけど、当時騒がれた六本木の彼女と結婚はしてないみたい。
ダンサーしてるんじゃないかなー、、、どこかで。

ダンスをやってた人が他の仕事を出来るとは考えにくい。
実業家になるってことはあってもね。

、、、、ちらっと見てみたけど、ルミ子さんのあとに再婚してますね、
でもその人があの相手だったのかは分かってないです。
というか、分かってはいるんだろうけど、私はそこまで掘り下げていない、ってことです。

実家が有名だとのうわさもありますが、ここもよく分からない。
いろいろなガセネタがありますからねー、、、。

さて、わあつぃは個人的にルミ子さんが好きですが、
こちらも、身近にコンサートがぁるとか、ダンスがあるんとかの情報がないので、
なかなかお会い出来ません、残念です。

テグスをこまねいて、

よく「テグスをこまねいて待ってるぜ」みたいな(間違ってる?)こと言いますが、あの「テグス」っていうのは、
透明な、または白い色の糸のようなものです。
あれは、釣り師などが使うものではあるのですが、手芸の世界でも使っているんですねー。
テグスにビーズを通してアクセサリーとかキーホルダーとか、ときにはバックも作れてしまうのです。

伸びるテグスというのもあって、これを」使えばブレスレットも出来るというし。
釣り人の使うものっていうイメージではあるけど、便利なものなんですねー。
そのテグスは手芸やさんとかアクセサリーパーツ屋さんで買うことができるけど、そこになんとおじさんが買いにやってくるんです。

アクセサリー・パーツのお店でおじさんを見ました。
お店の人は慣れたもので、聞けば(聞いた笑)、よくいらっしゃるお客様です、とのこと。
おじさんがアクセサリーを作るために買いにくるんだー。
釣り動議屋のテグスじゃなくて。

お店側は、それこそテグスを引いてまってる状態かもですね。
今はこういうアクセサリーのお店も多くなって競争がハゲシイらしいから。
競争があるからこそ、新しくていいもので、安いものを会社は提供できるわけです。
おじさんだって大事なお客様なのだ。
釣り道具展にいかないように、ね!

ステージ

人がガンになると、良く出て来る言葉・・「ステージ」。
ステージなんとか、の数字が上がればあがるほど、、進行してるってこと。

ガンの部位や種類によるけど、ステージの数が大きいと、それだけでびっくり、、、てか青くなる。
そのうえでどの治療法があるのか聞いて、やっていくことになるわけですが。
一般的に、痛いっていうよね、、、ステージ、、4とかだと。

痛いのを緩和させるためにも、化学療法などの治療をするのですが、
一般的に、これによる副作用もつらくて、
「殺してくれ」
ってくらい痛いのだそうだ。

痛くてもがきながらなくなっていく、という話を聞いたことがあるはずです。
本当に苦しいみたいで、それはやわらげてあげたいですねーー。

ステージいくつ、だけでははかれないものもありますが、
聞きたくなくても聞いてしまうこの言葉、、、その時によるのですが、
医者にはなんでも質問して、納得のいく治療をしていきましょう。

有名な(?)のでは、歌舞伎役者の奥様で、元アナウンサーの人が亡くなった時に、
よく「ステージなんとか」って出てましたね。

見つかった時にはひどかった、っていう例ですが、本人は少し前に検査をしていたのだそうです。
そういうこともあるので、定期的にちゃんと検査すべきなのですねー。

何が必要?

キーホルダーがあって、パーツだけがある状態。
これに何かをつけたら、立派な「キーホルダー」になる、という、あそこの部分です。

なのでビーズでも使ってキーホルダーにつけて、
「キーホルダー」になるようにしたい(なにこの文章、)。

さて、例えばビーズをつなげる場合、どんな金具が必要なんでしょう?
ビーズは1個でもいいし、複数使ってもいいけど、それをどうやってあのキーホルダーの金具につけるのだ?

キーホルダーって、手に持ちやすいような形状がいいと思ってるのですが、
色々見てると「これって実用的?」なものもたくさんあって困ります。

自分は実用的なものを目指すので、デザインはその後。
とはいってもデザインが悪かったら使っても愛着がわかないので、
そこは「ちゃんと考えます。

さて、どんな金具が必要なのか。

ビーズを複数使う時は、そのビーズをつなげるワイヤーやテグス。
キーホルダーとつなげるためには、これまた細かい金具が必要だって事がわかった。

面倒なので、テグスだけで作ろうと思う。
すごいズボラだけど、そうやって作ってるのもネットで見たのだ、
しかも、それ、、、売ってた、、、。

あれが売れるなら、自分のはなんだって「いいだろうという理屈です。、笑。

インドのランドリー

ホテル内のランドリーも怪しいけど、インドで洋服をランドリーに出すってどういうことか知ってます?
ときには白い服が黄色くなってきたり、かけてはいけないものにアイロンがかけてあったり。
そうなってもいいようなものしか出しませんし、着ていきません。

でもちゃんと洗濯はしてあるし、綺麗ーにアイロン(!!)かけてくれてます。
仕事はしっかりしてるんだよなー。
安いかっていえばそうでもないけど、でも旅のなかでランドリーは大事でしょ。

荷物を減らすためにも。
汚くなった洋服を持ち運ぶのもね、あんがい重いし、気も重くなるよ。
帰ってきてからの選択が多いのも玉の傷だね。

なかには、どんなに旅先で洗っても帰ってきたら全部洗うって人もいますけどね(私です)。

インドですからね、どうしてもまた家で洗ってほしたくなるのです。

でも、本当にインドではちゃんと洗ってくれます。
洋服の間違えもないようです。
(他の国ではあります)
信用できる人達、ですな。、仕事はちゃんとやるよ。

てなことで、選択には出すけど、アイロンかけられてテカテカにならないものを出すべし、
という教訓をお伝えしましたー。
どこでもこれは大事だね。
日本人が一番繊細だね。

人生を豊かに

お金持ちと結婚するとそれだけでシアワセになれると思いこまれてしまいがちだけど、
そこじゃない、と、かのグレース・ケリーはいうのです。
彼女はモナコ王妃となりましたが、相手が王様だから結婚したのではないと。
そこじゃなくて相手を純粋に支えたいと思ったからこそ、
自分はシワワセなのだと。

ここですよねー。

それはね、女優に戻りたいと思ったこともあったみたいです、それはきらびやかな世界だからではなくて、
(だってじゅうぶんきらびやかだもんね!)
女優という職業が好きだから。

でもお子さんも出来て、あいてを支えなくてはいけないし、そうしたいしで、
結局は女優には戻りませんでした。
これが正解だったわけです。

人生を豊かにするのは自分なのです。
自分の決断、自分のシワせの形。
それが分かっていたら自分の人生は自分で築けますよね。

彼女のストーリーは何度か映画化されていますが、私はニコールキッドマンのが好きです笑

ニコールも自らの幸せをつかんでいると思うし、あのふたり、似てますね。
大好きです。

子供のオシャレ

子供だってそれなりにオシャレはしてるはずなのだ。
でも普段は見逃してる。。。子供の頃ってどんなオシャレをしてたっけ?
今の子供はどんなことしてるの?
例えば、ファッション、それにアクセサリーとか。
男の子のほうがブレスレットとかしてそうな感じがする。
女の子は髪の毛とかに気を使ってるのかなー?イメージですよ。

髪の毛のどんなオシャレかって、何かつけてみたり、もちろん髪の毛をカールしたりとか。
何かつけるったって、お花とかね、、、自然なのもいいし、出来たコサージュ(古い?)でも。
何かするって事が楽しいんだよんへ、大人の真似したいのだ。

どうして子供のオシャレに興味があるかって、人の子供にプレゼントを上げようとしてるから。
どんなのを上げたら喜ぶかなってね。
普段は何も見てないもんだから焦っているわけです。
子供のものなんて、子供がいなかったら興味ないしねー。
人の子供も、普段どんなものを身に着けているかなんて、知らないなー。
子供ですからね、高価なものはないし、身に着けても似合わないしね。
何かこう、、、一瞬でもいいから気に入ってもらえるようなもの、ないかなー。
ちなみに女の子です。
何かアイデアがあったら教えてくださいね。

飛行機を降ろされた

アメリカでじっさいに起こった事なのですが、小さな赤ちゃんを連れた女性が
「飛行機を降りてください」と言われて降りました。
それまでもやりとりはあったそうなのですが、赤ちゃんが選定性の皮膚疾患を持ってたからです。

他の乗客が「移るんじゃないか」と心配してCAに申し出たみたい。
CAたちはその病気をグーグルで調べたりしたようだけど、
「人に移らない」とおう証拠がなく、「降りてください」になったらしいけど、
これじゃその親子は一生どの飛行機にも乗れない!

人は飛行機から降りたけど、スーツケースはそのまま飛んでしまったそうで、
着替えやローションなど買うハメになり、大変だったみたいです。
しいていえばホテルの手配は飛行機会社がしてくれたそうです。
そりゃそうでしょ。
でも、他にも子供がいるらしく、その子のベビーシッターに時間が伸びることなどを伝えなくてはならず、
当然ベビーシッター代も余計にかかり、
また子供にしたら1日伸びてしまった親の帰りを待たねばならず。
かわいそうに。
こんなこともあるんですねー。
SNSで訴えたそうですが、そこにも「最初から医師の診断書を持参すべき」
とかなんとか言いたい放題。
もちろん同情的ま意見が多かったのですが、、、。
密室状態の飛行機のなかでは不安も多いですが、皮膚疾患でうつるような子を
親は連れまわすわけもなく。
まわりのひともCAも、どうかしてるよまったくーー。

ダイアナ妃

世界中の人から愛されたダイアナ元妃、
今もよく追悼番組とか彼女の特別番組が組まれるほどの人気ぶり。
息子さんたち(そんな軽々しいもんじゃないけど)も結婚されたし、
孫も出来て!!天国で喜んでいらっしゃると思います。

さてこのダイアナ妃のまた番組があって、そこでは、あの有名なインタビュー日の事が出ていました。
皆がテレビにくぎ付けになったあのインタビューです。
悲し気な目で、少し上目使いにカメラを見ながら、夫:チャールズがしてきたこと、
自分の気持ちを赤裸々に語ったのですが、

この目線を少し上に、、、なども、練習をしたとされています。
どうしたら国民に気持ちが分かってもらえるか、なども研究して。
そう考えるとこわいけど、もともとそういうことには慣れていますね。

ある人は「我々マスコミも彼女を利用したけど、彼女もマスコミを利用したのよ」
って言っていました。
マスコミに殺されたようなものだけど、それによって人気を得ていた、ともいうのです。
そこはともあれ、亡くなったのにいまだにすごい人気で、
息子さん達もダイアナ妃の意志を引き継いでますね。

イギリスの王族も、皆がもっと平和になれますように。

あーあ。

自分には関係ないのですが、知り合い二人があるイベントを企画してまして。
でも2日前になってひとりがインフルエンザにかかり、やむなく中止になった事があります。
その時の話をしてて、個人的にはですが、
体調管理も仕事のうち、、、なのでけしからん、となりました。

もちろん体調の心配はすれど、です。
そんな大事なイベントが控えているのなら気を付けるべき。
気を付けていてもなるけど、乗り切らなくてどうするのだ。

インフルエンザだから許されるとでも?
(他の人に迷惑がかかるから?うつるから?)
デモね、、、その前の段階でしょ。

これは、残りのひとりでやったようですが、大変でしょうねー。
ふたりで行うイベントだしね、、、それでキャンセルも出た??のかもだし、
ひとりでやるのって大変。
もともとふたりでの企画だったわけだし。

今はよくなったようですが、急に体調が崩れる事が時々ある人なので、
イベントは一緒にやるには注意しなくては、です!

あーあ。な出来事でした。

自分も気を付けようっと。